入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ活動

社会人野球・甲賀健康医療専門学校硬式野球部

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新トラックバック

最新のコメント

カテゴリー

月刊アーカイブ

2009/04/14
OP戦・大会 試合結果

 試合結果 本校 0 - 10 NOMOベースボールクラブ
 
 ここ数試合大差のゲームが続いていますが、いつにもましてこの試合は一言「何もできなかった・・・」という内容でした。
 
 攻撃面では、初回に先頭打者で木原が相手先発・エースからセンターへクリーンヒットを放ち勢いづくかと思いましたが、肝心の送りバント、ヒットエンドランなど小技をことごとく失敗し、チャンスを潰しました。その後は、四死球でランナーを出すものの、球威に圧倒され、ほぼ完璧に押さえ込まれました。
 
 攻撃がダメなら守りでリズムをつかみたいものですが、初先発の下村が自分の持ち味を発揮する間もなく、制球を乱し、早々に降板。2番手以降の投手陣も奮起した投球をするものの、初回からの悪い流れを断ち切れずに失点をしました。 
 
 ただ、この試合では監督からの「劣勢のときほど腹から声をだして皆で集中しろ」という檄もとび、大敗しましたが、選手はそれだけはゲームセットまで実践しました。
 
 この先もOP戦、京都大会と続いていきます。対戦する相手も東海REX!ホンダ鈴鹿!王子製紙!NTT西日本!・・・と企業チームの名門ばかりです。技量では及ばないことは間違いありませんが、一戦、一戦を大事にし、その都度、自分にプラスになること、必要なことを社会人のプレーから学び、活かしていく向上心を持って戦い、相手に向かっていく気迫を忘れずにプレーしてもらいたいものです。
 
 監督がいつも選手に語りかける言葉があります。
 「社会人のプレーヤーもすぐに今のような選手になれた訳じゃない・・・」
 
 次戦は17日(金) 東海REX 10:00 新日鉄名古屋球場
 
 頑張りたいと思います。
 
 うれしいニュース!この春に本校を卒業しました。寺谷直紀投手がNOMOベースボールクラブで頑張っていました。久々の再会でしたが、元気な姿を見れて良かったです。本人いわく「ここ最近調子も上向きです!」ということなので期待したいと思います!