入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ活動

社会人野球・甲賀健康医療専門学校硬式野球部

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新トラックバック

最新のコメント

カテゴリー

2009/06/29
都市対抗の軌跡

約1ヶ月間戦い抜いた都市対抗ですが、昨日大阪ガスに破れ終戦となりました。
 
本当にたくさんの方々に応援していただけたこと感謝しております。ありがとうございました。
 
今大会の成績を改めてご覧下さい。
 
【滋賀県1次予選】
①本校 vs 近江八幡野球クラブ 3-1 ○ (2次予選進出)
 
【京都・滋賀・奈良2次予選:1次変則トーナメント戦】
②本校 vs ミキハウスREDS 9-8 ○
③本校 vs 日本新薬 0-7 ●
④本校 vs 三菱自動車京都ダイヤフェニックス 3-2 ○ (決勝リーグ戦進出)
 
【京都・滋賀・奈良2次予選:決勝リーグ戦】
⑤本校 vs 日本新薬 0-14 ●
⑥本校 vs OBC高島 9-7 ○ (延長11回)
⑦本校 vs ミキハウスREDS 5-4 ○ (延長10回サヨナラ)
※最終順位
1位:日本新薬 3勝 (本大会出場決定)
2位:甲賀健康医療専門学校 2勝1敗 (近畿地区代表決定戦進出)
3位:OBC高島 1勝2敗
4位:ミキハウスREDS 3敗
 
【近畿地区代表決定戦:敗者復活方式トーナメント】
1回戦
⑧本校 vs 日本生命 0-10 ●
敗者復活戦
⑨本校 vs 大阪ガス 0-10 ●
 
 以上のような結果(5勝4敗)を残しました。
 
 今大会はエース鳥井が9試合中8試合に先発し5勝と大車輪の活躍でした。打線も大会に入り非常に成長を見せてくれて、相手に打ち勝つ試合も出来ました。守備はミスも出ましたが、再三の攻守で投手を助けるプレーもありました。
 
 正直、ここまで選手がやってくれるとは想像出来ませんでした。大会前までに何十試合とOP戦、各大会を戦ってきて「2勝」しか出来なかったチームが、大会では試合を重ねるごとに急激に伸びた印象を持ちました。大きな舞台が選手を育ててくれたと本当に感じています。
 
 特に決勝リーグでの粘りは我がチームながら「すごい」と思いました。OBC高島戦は4点差を逆転しての勝利でした。ミキハウス戦も先制を許す苦しい試合を逆転サヨナラで制して「近畿地区代表決定戦進出」を勝ち取りました。
 
 最後の舞台となった「近畿地区代表決定戦」では、近畿の名門企業チームである日本生命、大阪ガスに「力」でねじ伏せられましたが、選手達にとって各チームの大応援団、たくさんの観客に囲まれた球場で「真剣、熾烈な勝負」を経験させてもらえたことは、大げさですが今後の人生にも大きな財産になるに違いありません。
 また、チームとしましても、この秋の「日本選手権」に向けても相当な自信となりました。
 
 秋に向けての課題は、鳥井に続く投手の台頭です。今大会故障でメンバーから漏れた木田、甲斐、市場の2年生には奮起を期待します。山崎、伊藤、津田、割山、森下、丸木、下村の中から、鳥井を抜き去る「新エース」が現れてくれることを期待します。今大会、鳥井は本当によく投げきってくれましたが、企業チームには全て負けました。「打倒・企業チーム」を胸に更なる努力で「秋リベンジ!」を果たしてほしいと期待します。
 野手も成長を見せてくれました。リードオフマン木原。クリーンアップの藤岡、高橋、湯浅をはじめ、各選手の打撃に粘りがありました。企業チーム戦でも安打は出し一応の収穫はありましたが、「得点を奪う」超難題を残しています。この課題をクリアできないことには「夢舞台は夢で終わります」是非とも一人一人がこの経験を無駄にせずに努力してくれることを期待します。
 
 課題はたくさんあるのですが、収穫のほうが絶対に多かった今大会。1番はグランドで戦う選手とスタンドで応援してくれた控え部員が一丸となれたことだと思っています。以前もご紹介しましたが、本校は2チーム構成で活動しており、なかなか全部員が揃うことはありません。だからこそわたし達スタッフは喜びもひとしおでした!そこに連日、保護者、学校関係者、甲賀の地域の方々が足を運んでいただけて本当に最高の大会となりました。
 
 最後にもう一度書かせてもらいます。
 
 本当にたくさんのご声援有難うございました!この経験は必ず次に活かします!これからもどうぞよろしくお願い致します。
 
※今大会の選手の奮闘ぶりをアップしますのでご覧下さい。(すこし時間がかかるかも・・・・ご期待ください by西本)

2009/06/26
都市対抗近畿予選 応援バスのご案内!

 

6月27日(土)日本生命戦

出発時刻

【 学校発 】午前1000945までに来校して下さい)

【貴生川駅発】午前10201014着の電車に対応)

出発場所・・①甲賀健康医療専門学校駐車場

      ②貴生川駅南口

使用バス・・大型バス(定員41名)

 

6月28日(日)

パターン①27日勝利の場合(第一代表決定戦)

出発時刻

【 学校発 】午前1000945までに来校して下さい)

【貴生川駅発】午前10201014着の電車に対応)

出発場所・・①甲賀健康医療専門学校駐車場

      ②貴生川駅南口

使用バス・・大型バス(定員41名)

 

パターン②27日敗退の場合(敗者復活戦)

出発時刻

【 学校発 】午前720710までに来校して下さい)

【貴生川駅発】午前740735着の電車に対応)

出発場所・・①甲賀健康医療専門学校駐車場

      ②貴生川駅南口

使用バス・・大型バス(定員41名)

 

6月29日(月)第二代表決定戦

※条件・・28日(代表戦敗退or敗者復活戦勝利)

※敗者復活戦敗退の場合は都市対抗終戦となり試合はありません。

出発時刻

【 学校発 】午前720710までに来校して下さい)

【貴生川駅発】午前740735着の電車に対応)

出発場所・・①甲賀健康医療専門学校駐車場

      ②貴生川駅南口

使用バス・・大型バス(定員41名)

 

乗車を希望される方は希望日・乗車場所をお知らせください。 

(甲賀健康医療専門学校・事務所or野球スタッフまで)

(TEL)0120-87-6177

 

注意

乗車定員が埋り次第受付終了となります。

※乗車確定者・・野球部応援団15名(若干の変更有)

※乗車可能人数・26名

乗車時間は厳守で、乗車場所のお間違いが無いようにお願いします!

 
応援よろしくお願いいたします!
頑張ります!!

2009/06/24
都市対抗京都・滋賀・奈良地区予選での活躍

この度、都市対抗予選で敢闘賞を受賞しました、投手・鳥井郁弥が毎日新聞に大きく取り上げられました。

エース・鳥井!の存在がいかに大きかったかが分かって頂けると思います。

近畿地区代表決定戦に向け、本人にとっても、チームにとっても大きな励みになると思います。

来週にはチームとして大きく取り上げられるよう頑張ります!!鳥井の記事

2009/06/24
都市対抗近畿地区代表決定戦 組み合わせ決定!!

近畿地区代表決定戦 組み合わせ決定!!!
 
本日組み合わせ抽選会があり以下のようになりました。
この4チームから2チームが東京ドームへ進出致します!
是非とも、選手の頑張りに期待して、史上初の快挙を目指し、頑張ります!!
 
 
27日(土)
① 10:00~ 大阪ガス(大阪市) vs 新日本製鉄広畑(姫路市)
② 13:00~ 日本生命(大阪市) vs 甲賀健康医療専門学校(甲賀市) 
28日(日)
③ 10:00~ ①の敗者 vs ②の敗者
④ 13:00~ ①の勝者 vs ②の勝者 (近畿地区代表決定戦①) ※1枚目の代表切符!
 
29日(月)
  10:00~ ③の勝者 vs ④の敗者 (近畿地区代表決定戦②) ※最後(2枚目)の代表切符! 
 
球場は全てわかさスタジアム京都(旧西京極球場)です。
入場料は無料です!
  
このような大舞台を味わえる選手たちは幸せ者です。思いきって、若さを出して、元気よくぶつかっていきます。
甲賀市の代表として、京都・滋賀・奈良地区の代表としてふさわしい戦いをします!
  
ご父兄・OB・甲賀市民の方々・各関係者、多数の応援をお待ちしております。
球場で選手たちに大きなご声援を宜しくお願い致します!!
 

2009/06/23
都市対抗京滋奈予選準優勝!

東京ドーム」社会人野球の聖地です。今年でその歴史と伝統のある都市対抗も80回を数える節目の年を迎えています。木原セフティー
 
本校は専門学校として最初に社会人野球に加盟し、その歴史ある舞台、聖地を目標に、17年間挑戦し続けてきました。
 
そして今年も!と意気込み挑んだ京都・滋賀・奈良2次予選で「初の準優勝」を勝ち取り、その夢舞台へのビックチャンスが訪れました!
 
以下が、本校のこれまでの予選結果をです。
 
【滋賀県1次予選】
本校 vs 近江八幡野球クラブ 3-1 ○ (滋賀県2位で      
2次予選出場)
 
【京都・滋賀・奈良2次予選・1次変則トーナメント】新薬胴上げ
本校 vs ミキハウスREDS 9-7 ○
本校 vs 日本新薬 0-7 ●
本校 vs 三菱自動車京都ダイヤフェニックス 3-2 ○ (決勝リーグ戦進出決定)
 
【京都・滋賀・奈良2次予選・決勝リーグ戦】
本校 vs 日本新薬 0-14 ●
本校 vs OBC高島 9-7 ○ (延長11回)
本校 vs ミキハウスREDS 5-4 ○ (延長10回サヨナラ)
※最終順位
優勝 日本新薬 3勝(本大会出場決定)  
準優勝 甲賀健康医療専門学校 2勝1敗(近畿地区代表決定戦出場決定
3位 OBC高島 1勝2敗
森川・鳥井4位 ミキハウスREDS 3敗
 
※表彰選手 敢闘賞:鳥井 郁弥投手(スポーツ健康科アスリートコース2年)
 
今後の日程をお知らせします。
【近畿地区代表決定戦】
日時 6/27(土)28(日)29(月)予備日30(火)7/1(水)
場所 わかさスタジアム京都
入場 無料
出場チーム
①甲賀健康医療専門学校(京都・滋賀・奈良地区代表)
②日本生命(大阪・和歌山地区代表)
③大阪ガス(大阪・和歌山地区代表)
④新日本製鐵広畑(兵庫地区代表)
 
以上の4チームで2枚の代表切符を争います。試合は敗者復活方式のトーナメント戦となっております。
※尚、抽選会は明日24日(水)に行なわれますので決まり次第お知らせいたします。
 
今年も例年通り、チームに飛びぬけた選手は一人もいません。OP戦、各大会でもなかなか勝てませんでした。
しかし、大会に入り学生たちは何かに取り付かれたんではないかと思うくらいの「粘り」を発揮してくれるんです。
正直、信じられない気持ちと、驚きの連続でした。②軍応援団
一番学生たちが成長してきたと感じたのは、勝った試合でも、負けた試合でも試合が終わるまでホント全員が「集中し続けているんです」
当たり前なことと思われる方が大半だろうと思いますが、私達の1番の課題でした。
そして、この結果を得られた最大の要因は他にあります。それは「サポートしてくれた人たち」の存在です。
選手が精一杯のプレーをすることは当然です。
その選手にスタンドから熱い応援、声援を送ってくださった保護者、地域の方々、部員、学校関係者には本当に感謝です。
ありがとうございます!
試合中選手のケアに努めてくれた西山トレーナー。学生トレーナー柴田。プレーを支えてくれました。
この大会はまだこれからです!
これまでの経験を更なる高みへの糧にして精一杯頑張りたいと思います。
ご声援よろしくお願い致します。

2009/06/21
都市対抗予選試合時間変更案内

本日の第80回都市対抗野球京都・滋賀・奈良2次予選は昨日の雨からの影響で、試合開始時刻が下記の通り変更となりました。
 
第1試合 12:00 甲賀健康医療専門学校 vs ミキハウスREDS
 
第2試合 15:00 日本新薬 vs OBC高島
 
以上のようになりました。
 
昨日のOBC高島との試合は本校にとっては「激闘」でした。その試合に勝てたことは素直に「嬉しい!」の一言でありました。
 
たくさんの応援有難うございました。感謝しています。
 
昨日の勝利は、選手の頑張りには逞しさを感じましたが、それ以上に間違いなくスタンドからの、保護者、部員、甲賀に声援を送っていただいた関係者の方々の力があったからこそだと感謝しています。
 
昨日の試合を「チームワークの勝利」と言うんだろうなという気持ちでいっぱいです。
 
今日のミキハウスとの1戦は、野球部17年。甲賀の伝統を作ってきたOB、各関係者に感謝して、勝利を目指し、戦う覚悟です。
 
是非、球場に来ていただき、選手に力を貸してあげてください。
 
ご声援をよろしくお願い致します。

2009/06/18
OP戦・大会 試合結果

関西専門学校春季リーグ (Bチーム)
 
試合結果  11日(木) 本校  0-3 履正社学園医療スポーツ専門
       16日(火) 本校  4-1 大原スポーツメディカルスポーツ専門
 
都市対抗野球と時期が重なり更新がおくなりました。
関西専門学校大会(リーグ戦)の全日程が終了いたしました。
 
対戦成績は6戦3勝3敗の五分。順位については、他の試合が終了していないため、確定順位はわかりませんが、暫定順位は4位となっており、全国交流大会の切符は手に入れることができました!(ほぼ確定)
 
いろいろな課題が見えましたが、次の全国専門学校交流大会に向けて各自の課題などが見えたと思います。
 
今度は一発勝負!
社会人野球の醍醐味である、1発勝負の難しさ、苦しさ、楽しさをこの全国大会で味わうことができ、大きなステップになること間違いありません。
 
全国優勝はここ4年遠ざかっています・・・今年度こそ優勝!を狙いにいきます!!!
 

2009/06/15
OP戦・大会 試合結果

都市対抗京・滋・奈2次予選1次トーナメント 試合結果
 
6月12日(金) 本校 9 - 8 ミキハウスREDS 【1回戦突破!】
6月13日(土) 本校 0 - 7 日本新薬 【決勝リーグ進出戦敗退】
6月14日(日) 本校 3 - 2 三菱自動車京都ダイヤフェニックス【決勝リーグ進出戦突破!】
 
ご覧の通り1次トーナメントを見事突破することが出来ました。本校にとっては快挙です!
 
学生の今までの努力が実る最高の結果を出し、社会人野球の聖地・東京ドームを目指す最終ステージに登ってきました!
 
企業チームなら決勝リーグ進出は当たり前でも、私たちにとっては心底嬉しい結果です!
 
昨日は喜びが爆発しました!試合終了後のロッカールームではチームの興奮度はMAXでした!
 
でも、昨日中に喜び終えました。勝負はここからです。最高の舞台で戦えることに感謝して最高のプレー、最高の試合をするために、今日からの4日間、練習に精進したいと思います。
 
では、決勝リーグは、わかさスタジアム京都(旧・西京極球場)で行なわれます。日程、対戦相手、代表決定方法などの詳細は日本野球連盟のHPをご覧下さい。他地区の結果等もご覧になれますので是非アクセスしてください!
 
決勝リーグ進出チームは力のあるチームばかりですが、気力でリーグ戦を戦い抜く覚悟です。また、大きな舞台です。選手の力になりますのでぜひ3日間、球場に足を運んでください!
 
尚、決勝リーグは有料試合となります。金額は400円となっております。
 
そこで!本校に熱い声援を送っていただける皆様は、是非とも「チーム券」をご利用ください。
 
《利用方法》
来場された際に、入り口で「甲賀の応援に来ました!」と係りのものに伝えてください。人数分「無料配布」させていただきます。
 
枚数に限りがありますので、無くなり次第終了となりますので、その際は追加はありませんのでご了承ください。
 
ご声援よろしくお願い致します。

2009/06/11
第80回都市対抗野球京滋奈予選情報!

今年で80回を数える都市対抗野球。社会人野球の聖地・東京ドームを目指し、いよいよ明日から京都・滋賀・奈良2次予選が開幕です。
 
出場チームを紹介します。
 
滋賀県代表
①高島市・OBC高島
 
甲賀市・甲賀健康医療専門学校
 
京都府代表
①京都市・日本新薬
②京都市・三菱自動車ダイヤフェニックス
③京都市・ミキハウスREDS
 
奈良県代表
①大和高田市・大和高田クラブ
 
以上各地区代表6チームが代表権獲得を目指します。
 
組み合わせの詳細は、日本野球連盟のHPをご覧下さい。全国各地区の予選情報他、社会人野球情報もご覧いただけます。
 
※ちなみに、本校の試合は明日の10:00からです。

2009/06/10
OP戦・大会 試合結果

関西専門学校春季リーグ(Bチーム)
 
試合結果  本校 0-2 大阪社会体育専門学校
 
2勝1敗で迎えた第4戦!
大阪社会体育との試合!能力が高い選手がそろっているいいチーム!
 
先日の劇的な勝利とは打って変わって緊迫した投手戦!
今日の先発有元が7回まで被安打1で四死球3。3塁を踏ませない安定した投球で守りにいいリズムが生まれていたが、今日の攻撃は散々たるもの。この日の打線は梅雨入り。
 
相手のミスを誘い、チャンスはつくるも一本が出ない。結局ヒットも2本のみ・・・
流れをつかめないまま8回に入り、疲れが出てきたのかこの回3四死球を許すと、タイムリーで2点を奪われる形に・・・
最終回も昨日の再現!とばかりに先頭の住友が出塁したが、後続が続かず、あっさりとゲームセット・・・・
終わってみれば、簡単に打ち上げて楽にアウトを献上。27アウトのうち実に約3分の2がフライアウトであった。
 
これで2勝2敗の五分!
残り2戦・履正社学園と大原スポーツメディカルとの対戦。更なる気を入れないと、降格の危機になってしまうはめに・・・
次こそは勝利を!!みんなの底力を信じて戦いたい!!

2009/06/09
OP戦・大会 試合結果

関西専門学校春季リーグ大会(Bチーム)
 
試合結果 本校 8ー7 大阪法律専門学校
 
この試合は一言でいえば「劇的な勝利!」
ドラマにかいたようなシナリオで出来すぎでした!
 
3点を先制され、劣勢からのスタート!
しかし、2番手・下村がこの日は絶好調!三振のオンパレードで流れをたちきると、終盤になってビックチャンスをつくる。すると努力の男!原田の2点タイムリーヒットで同点に!1塁ベース上での会心のガッツポーズ!印象的でした!その後キャッチャーからの1塁でタッチアウトというオチ・・・
 
同点のまま延長に入り、レフトのエラーからピンチを作ると、まさかの4連打を浴び3失点・・
しかし、守りから終えたメンバーを含めベンチのムードが暗くならない・・・雰囲気は悪くない!
 
するとここからメイクドラマの始まり!
キャプテンの宮本がヒットで出塁しドラマのきっかけをつくると、その後2死3塁。朝比奈がファーボールを選ぶと波多・住友と連続タイムリーで2点!1点差となり、なおも2死2・3塁で太田が追い込まれてから、渾身のデットボール!2死満塁に!
続く北川が追い込まれてから、振り抜いた打球はレフトオーバー!!!!劇的なサヨナラゲーム!!!!
 
10回に取られた3点を裏に4点を奪う、劇的なサヨナラ勝利!!!!しびれた~!!!!
 
選手たちは、皆ベンチを飛び出し、全員でホームベースをはさんでランナーと北川を祝福!
 
みんなの喜びの姿・顔がとても眩しかったです!!
この最後まで「あきらめない気持ち」・「つなぐ気持ち」が良かったと同時に、忘れてほしくないですね!

2009/06/05
OP戦・大会 試合結果

3日(水)
試合結果  本校 10-0 大阪法律天王寺校
 
6月1日より約3週間かけての関西専門学校春季リーグ大会が開幕しました。
 
本校の出場は、大会3日目の今日。
相手は、甲子園組もいるチーム。かとって練習しているわけではない。しかし、よく打つイメージがあるいやな感じの相手。
 
しかし、蓋を開けてみれば、12安打10得点!の5回コールドゲーム!
相手の隙を突く走塁や、全力疾走で相手のミスを誘う走塁など、いいところばかりが目につく展開!!
チャンスで必ず一本が出ての毎回得点!
投げても、先発の丸木が危なげないピッチング!3塁を踏ませない投球で理想的な試合展開であった。
 
ベンチワークも良く雰囲気も問題なし!!今までの試合で1番の内容であった!!
 
 
4日(木)
試合結果  本校 2-3 東洋医療専門学校
 
昨日とは打って変わって、ベンチも打線も守りも最悪な内容。
相手としては負けてはならない相手にまさかの敗戦・・・相手投手(右横手投げ)の前に、凡打の山・山・山・・・
 
ゆるいカーブばかり投げ、ひっかけさせるピッチングの前に完全に打線沈黙。相手の術中にはまった形に。
チャンスもつくれず、作ったと思ったら自滅・・・という展開であった。
 
序盤に互いにエラー絡みで点を奪い1点ビハインドのまま終盤へ。
2死ランナー無しから、普通のゴロ処理を1塁へ暴投・・・直後に右中間へ3塁打・・・
ダメ押し点を奪われ、決勝点を献上・・
 
最終回に1死2・3塁のチャンスをつくるも走塁ミス・・・ タッチアウトとなり、それと同時にゲームセット・・・・
 
ベンチの雰囲気も、「打てる」「何とかして打ったろう」という空気にならない。
むしろ、「今日はダメだ」「こんなピッチャー俺嫌い」「無理」なんて言葉も聞こえるような・・・
マイナスオーラ満載・・・
 
このリーグ戦はまだまだ続く。残り4試合。(来週3試合)
相手が社会人とは違うだけに、「相手のペースにならない」・「雰囲気にながされない」といったところがポイントになるのだが・・・

2009/06/03
OP戦・大会 試合結果

 

大会・OP戦 試合結果
 
本校 2 - 10 関西メディカル
 
都市対抗の2次予選に向けても大切にしたい試合!・・・と試合前から意気込んでいたはずのゲームでこの結果・・・
 
正直、ショックです・・・序盤は先制を許すも0-1で競っていました。しかし、6回にエースがエラーなどはあったものの8失点と炎上・・・心技体すべての綱を締めなおさなければと危機感が募る無様な内容でした。
 
都市対抗の本大会を目指せる舞台2次予選!選手にはまだ考える時間も、努力して上手くなる時間もあります。だからこそ野球に対する気持ちだけは強く持ち、今日の結果を覆すための「何かを」見つけ出すために、意欲ある姿勢で残りの毎日を過ごしてほしいと、心底「期待します!」
 
次こそ良い結果を報告したいと思います。結果に懲りずに応援よろしくお願いします。次の試合、選手は必ず力を出し切ったプレーをすると信じています。頑張ると思います。
 
次戦は5日(金) NOMOベースボールクラブ 13:00 新日鉄堺浜球場
 
いよいよ2次予選目前。最後のOP戦です。

2009/06/02
21年度 野球部員名簿 掲載

21年度 甲賀健康医療専門学校 硬式野球部員名簿
 
位置
氏名
学年
学科
身長
体重
投打
出身校
部長兼監督
 藤本 政男
 
 
 
 
 
PL学園
コーチ兼マネージャー
 西本 一雄
 
 
 
 
 
名古屋大学
コーチ
 朝山 克彦
 
 
 
 
 
大阪体育大学
コーチ兼トレーナー
 久保 直輝
 
 
 
 
 
甲賀健康医療専門
トレーニングコーチ
 西山 伸吾
 
 
 
 
 
 
主 将
 森川 晃
2
スポーツ健康 
170
63
右・右 
創造学園大附属
副 将
 納谷 嶺太
2
スポーツ健康 
181
78
右・右 
出雲北陵
副 将
 鳥井 郁弥
2
スポーツ健康
173
72
右・右
和歌山
学生トレーナー
 柴田 貴司
2
柔道整復
 
 
 
水口
マネージャー
 大野 未琴
1
柔道整復
 
 
 
堺上
投 手
 鳥井 郁弥
2
スポーツ健康
173
72
右・右
和歌山
 
 市場 遼
2
スポーツ健康
177
81
右・右
崇徳
 
 木田 拓希
2
柔道整復
178
72
右・右
市立西宮
 
 甲斐 規紀
2
スポーツ健康
184
78
左・左
福泉
 
 山崎 亮祐
2
柔道整復
175
75
右・右
美方
 
 石川 翼平
2
柔道整復
170
65
右・右
水戸平成学園
  
 森下 友宏
1
スポーツ健康
164
63
左・左
石部
 
 下村 一馬
1
スポーツ健康
174
73
右・右
汎愛
 
 有元  
1
スポーツ健康
189
75
右・右
彦根西
 
 割山 剛
1
スポーツ健康
182
76
右・右
甲南
 
 津田 誠
1
スポーツ健康
175
68
右・右
清翔
 
 伊藤 仁志
1
スポーツ健康
188
98
右・右
桑名北
 
 大江 健太
1
柔道整復
175
70
右・右
玉川
 
 加藤 克洋
1
柔道整復
178
80
右・右
北大津
 
 西山 稜太
1
スポーツ健康
168
60
右・右
八幡工業
 
 丸木 康平
1
スポーツ健康
174
66
右・右
若狭
17
 西山 陽
1
スポーツ健康
176
72
右・右
桃山
捕 手
 平良 淳一
2
柔道整復
168
68
右・右
宮古
 
 納谷 嶺太
2
スポーツ健康
181
78
右・右
出雲北陵
 
 佐瀨 寛行
2
スポーツ健康
177
75
右・右
瀬田工業
 
 岡 宏樹
1
柔道整復
179
80
右・右
玉川
 
 大石 將
1
柔道整復
171
78
右・右
興誠
 
 石井 隆史
1
スポーツ健康
170
62
右・左
木津
 
 疋田 将樹
1
スポーツ健康
172
67
右・左
彦根西
8
 小禄 綾人
1
柔道整復
168
74
右・右
宮古
内野手
 森田 良介
2
スポーツ健康
160
58
右・右
江の川
 
 森川 晃
2
スポーツ健康
170
63
右・右
創造学園大附属
 
 谷 康太郎
2
スポーツ健康
180
80
右・右
水口
 
 住友 剛己
2
スポーツ健康
175
75
右・右
姫路工業
 
 松井 治樹
1
スポーツ健康
173
65
右・
上野工業
 
 浜崎 祐輔
1
柔道整復
168
60
右・右
大阪電気通信大附属
 
 高橋 直也
1
柔道整復
175
75
右・右
北大津
 
 朝比奈 敬浩
1
スポーツ健康
178
85
右・左
瀬田工業
 
 太田 康陽
1
柔道整復
168
60
右・右
高知中央
 
 勝間 純平
1
スポーツ健康
178
77
右・左
大冠
 
 南 大輔
1
柔道整復
173
70
右・右
日野
 
 北川 諒
1
スポーツ健康
173
65
右・右
彦根翔陽
 
 増山 稜介
1
スポーツ健康
169
65
右・左
綾羽
 
 谷口 政太郎
1
柔道整復
166
67
右・右
厚狭
 
 稲増 瑞基
1
スポーツ健康
174
62
右・左
上野商業
 
 鈴木 和紀
1
柔道整復
160
53
右・左
日生第一
 
 奥村 宗也 
1
スポーツ健康
180
75
右・両
東海大仰星
 
 勝間 一成
1
スポーツ健康
175
74
右・右
益田東
19
 寺谷 
1
柔道整復
173
67
浜坂
外野手
 木原 隆介
2
スポーツ健康
169
65
左・左
近江兄弟社
 
 藤岡 拓也
2
スポーツ健康
175
74
右・右
飛翔館
 
 宮本 学
2
スポーツ健康
173
68
右・右
香住
 
 原田 剛
2
スポーツ健康
177
70
右・右
鳥飼
 
 波多 敏秀
2
柔道整復
176
73
右・左
大阪産業大附属
 
 山田 恭平
1
柔道整復
171
70
右・左
上宮
 
 須田 将仁
1
スポーツ健康
175
85
右・左
八日市南
 
 湯浅 
1
柔道整復
170
75
大塚
9
 坂田 
1
スポーツ健康
173
63
大津
学生総数55

2009/06/01
OP戦・大会 試合結果

 

大会・OP戦 試合結果
 
本校 3 - 1 近江八幡野球クラブ
 都市対抗予選の記事
新型インフルエンザに伴い活動停止であった本校に配慮して頂いて1週間延期となっていた都市対抗野球滋賀1次予選が今津スタジアムで無事に行なわれました。
 
結果は上記の通り、近江八幡クに勝ち、都市対抗野球京都・滋賀・奈良2次予選(6/12~14.19~21 6日間 わかさスタジアム)進出が決まりました。
 
 この試合に臨むにあたって、1週間の全体活動休止(学校閉鎖)という今までに経験の無い期間を過ごしました。選手の自己管理に任せて、体調のチェックなどは携帯電話で連絡を取り合って確認する毎日でした。また、故障者が復帰できる期間を与えてもらったと前向きに考えて辛抱しました。活動開始は27日(水)と大会の4日前。不安はありましたが、選手はまずまずの動きを見せてくれました。
 
 昨日の試合の内容は決して喜べるものではありませんでした。得点力が無い分を走塁と守備で補おうと取り組んできましたが、サインミスをくり返しリズムに乗れず、最終回に守りでもミスが出るなど課題山積みの結果でした。
 
2次予選に滋賀県代表で出場させていただくという意味でも、大会までの2週間をもっとハードに過ごし、レベルアップに取り組んで、このチームで最高の結果を出したいと思っています。
 
 2次予選は3地区の代表(京都3・滋賀2・奈良1)を2つのリーグに分けて1次リーグを戦い、上位2チーム(計4チーム)が決勝トーナメントで都市対抗本大会への1枚のきっぷっをかけて争う方式で行なわれます。代表決定戦で敗れたチームは近畿地区代表決定戦に回ります。
 
 2次予選の詳細は今週行なわれる抽選会後に掲載いたします。
 
2次予選までのOP戦をご案内しておきます。
 
3日(水) 関西メディカル 13:00 甲賀スタジアム(ホームゲーム)
 
5日(金) NOMOベースボールクラブ 13:00 新日鉄堺浜球場
 
応援よろしくお願い致します。

2009/06/01
OP戦・大会 試合結果

Bチーム
全日本クラブ選手権大会 滋賀予選 (30日・31日)
 
<30日>
本校 3 - 10 全大津野球団
 
初戦の対戦相手は、全大津野球団。
インフルエンザの影響もあって、3日前に練習再開したばかり。この影響がどうでるのか・・・・
 
全大津野球団は強豪チーム。一昨年にはOBC高島にも勝ったことがあり、1週間前の都市対抗予選でも負けはしたが、OBC高島相手に7回までリードを奪うなど格上のチーム。どんな展開になるのか・・・
 
初回、緊張からかつまらないミスの連発・・・相手の普通のライト前ヒットをファンブルし、ランナー2塁とすると、バント処理のミス・パスボールと1アウトとるまでにミスの連発。初回から3点のビハインドで試合がスタートした。
2回以降は立ち直りを見せ、中盤までは膠着状態が続き、5回に入ったところで追い上げを見せる。連続四死球を足がかりにチャンスを広げると、住友のチーム初安打がタイムリーとなり2点を返すと、続く7回にもタイムリーが飛び出し同点。
 
2回以降、先発の丸木が良踏ん張りを見せ、ピンチらしいピンチを作らない。流れとしては甲賀ペースに!!
 
しかし、同点となったその裏に先頭打者にレフト前ヒットを許すと、タイムリーを放った住友がこの打球処理の時に転倒・・・3塁打に・・・。このピンチから1点を許すと、集中力が切れたのかミスが続きこの回4点。
先発の丸木も疲れが見え連打を浴び始めたところで大江にスイッチしたが、時すでに遅し。最後はスクイズを許し、終わってみればコールゲーム・・・・
最後にスクイズで来るところに勝負の厳しさを教えられてしまった。
 
この結果、東近畿地区クラブ予選進出(西武ドーム)への夢は断たれた・・・
 
<31日> (3位決定戦)
本校 3 - 0 近江八幡クラブ
 
この試合は3位決定戦。勝てば近畿クラブ交流大会への出場がかかる大事な試合。
相手は近江八幡クラブ。全大津野球団とは違い戦いやすいチームではあったが、気を締めなければならない相手。
 
先発は大江。序盤からテンポのいい投球で攻撃にも守りにもいいリズムが生まれた。
序盤から本校のペースで試合が進むと、4回に北川のタイムリーで先制すると、続く5回にも、主将・宮本のヒットを皮切りにチャンスをつくり、相手のミスを誘う積極的な走塁など、足をからめて2点を追加! 
その後も優位に試合を進め、7回にこの一番のピンチを迎えたが、大江が動揺することなく落ち着いたピッチングで相手打線を抑えた。
 
チャンスも多くつくり得点こそ3点しか奪えなかったが、最後まで優位に試合運びができた。守りのエラーも出たが、昨日よりはグッと少なく、しまったゲーム展開であったことがこの勝利につながった。
終わってみれば、大江が2安打完封!久々の勝利に皆喜びを感じていた。
 
この勝利により、8月9日~行われる近畿クラブ交流大会(奈良県橿原市)への出場が決まり、皆更なる練習に励んでくれることと思います。
 
この喜びを感じる間もなく、本日専門学校大会が開催されました!
大会期間は6月1日~18日までと長丁場!本校の初戦は3日、vs大阪法律天王寺校であります。
対戦相手・レベル・雰囲気など全く違う環境の中で試合をするわけですが、選手たちは相手・環境に惑わされることなく自分たちの力を発揮してほしいと思います。