入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ活動

社会人野球・甲賀健康医療専門学校硬式野球部

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新トラックバック

最新のコメント

カテゴリー

月刊アーカイブ

2009/08/07
OP戦・大会 試合結果

大会・OP戦 試合結果
 
8月6日(木) 本校 8 - 8 名城大学
 
【投 手】 丸木(若狭) ⇒ 下村(汎愛) ⇒ 割山(甲南) ⇒ 森下(石部)
【本塁打】 高橋(北大津)
 
 同大学とは初めての対戦でした。チームの雰囲気もよくキビキビしていてとても良いチームでした。
 
 しかし、試合は時折降りしきる雨の影響もあったのか両チームの投手陣の制球が定まらず、お互いにリズムの悪いゲームとなりました。
 
 本校に限っては、まず投手陣が大誤算・・・先発丸木は失点はしたもののまずまずの投球でしたが、続く下村、割山の制球が最悪でなんとも締まらない内容・・・最後森下もリードを守れず何とか引き分けが精一杯とこの試合でも投手は「コントロールが第一」といことを痛烈に感じました。
 野手についても同じで、投手を助けるどころか、勝ち越した後にショート松井がエラー、続く打者の時にヒットエンドランを決められ、あげくセンター藤岡が大暴投で打者走者まで余分に進塁させるなど都市対抗予選の激戦から得たはずの「粘り、状況判断、冷静さ」などが全く感じられないプレーが続出と悪い流れが最後まで断ち切れませんでした。
 攻撃でも良い形は作るものの、肝心の場面での送りバント失敗の後、安打が出るなどこちらも攻撃のリズムは作れずでした。何とか相手投手の乱れもあり引き分けられたことが唯一の救いとなった試合でした。
 
 今後はこれまでにもまして強豪が続くOP戦です。試合で得た精神的、肉体的、技術的な課題を克服するために、選手はとにかく練習にとことん打ち込んで、次の試合に臨むという強い気持ちを持って取り組んでほしいと心底思います。
 
 「我慢」・・・選手の努力を信じて今日も一緒に汗をかきたいと思います!
 
 次回OP戦 10日(月) 立命館大学 10:45 立命G
 
ご声援をよろしくお願い致します。