入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ活動

スポーツ分野での挑戦~スポーツ健康科フィットネス・トレーナーコースの活動~

第10回 奮闘記!

 今回は、柔道整復科に所属する北野美恵さんを紹介いたします!
北野さんは、なんと中国の出身!日本にきてまだ数年しか住んでいません。北野さん正面
当然日本語もペラペラというわけではありません。日本で苦労したことは多々あると思います。そんな難しい環境の中で、なぜ、異国の地・日本で柔道整復師を目指そうと思ったのか?また日本での生活についてなどについて伺っていきたいと思います。
 
  
記者)こんにちは!
 
北野)こんにちは!  
 
記者)北野さんは、中国の出身と聞いてますが日本では、「北野美恵」さんですが、中国の名前は?
 
北野)張  海英(チョウ  カイエイ)です。
 
記者)差し支えなければ年齢は?
 
北野)・・・・・内緒です。
 
記者)そうですよね・・・・質問を違えました・・・・では質問を変えまして、中国の名前ではなく、なぜ日本の名前なんですか?
 
北野)それは結婚しているからです!
 
記者)えーー  そんなんですか???びっくりしました!ということは、日本人の方と結婚されたんですね?旦那さんはどんな方です?
 
北野)そうなんです。結婚しました!旦那さんは一言で言えば、「誠実でやさしい人」です!
 
記者)いい人を捕まえたんですね!!日本にきて何年ですか?
 
北野)3年くらいです。
 
記者)日本に住むとなると、いろんな困難があることは想像できたはずですけど、日本行きを決めた決め手は?
 
北野)やっぱり結婚したからです。旦那のために過ごすのは当たり前です。それと、日本が好きだからです。中国よりも空気がきれいで環境がいい。日本の人はいい人が多いです。
 
記者)確かに中国よりは環境はいいかも知れないですね。北京オリンピックでは開催するにあたって大気汚染の問題や施設環境のことで町が整備されたり、人種による町の出入り禁止等々、ニュースで取り挙げられてましたね。日本にきて3年ということで、少しは日本のいろなところが見えてきたと思いますが、中国と日本の文化について違いありますか?
 
北野)中国ではみんないつも喧嘩する。でも、日本は静かな感じでやさしい人は多い。喧嘩することがないです。
 
記者)食のついては?
 
北野)日本人は、洋食はメニューの一部で食卓に並ぶことが多い。また薄味の料理も多いです。でも中国料理は焼き料理・炒め料理が多いし、味も日本より濃いです。日本に来て、初めて食べた物があります。おくら・こんにゃく・納豆・梅干は初めて食べました。おいしかったです。
 
記者)日本にきてもいろんな職業があると思いますが、結婚もして何かと大変な事が多い中で、なぜ甲賀で「柔道整復師」を目指そうと?しかも日本の授業はさらに大変だと思いますが・・・
 
北野)中国にいるときからこのような資格には興味がありました。中国では、「柔道整復師」という資格はないです。でも「中医整復」という似た資格があります。これは鍼治療・マッサージ・薬で治療します。日本にきても苦しんでいる人・悩みを解消したいと思っていました。
今甲賀市に住んでいて、近くに学校があることを知りました。また中国人の先生(李先生)がいることも知り、近くて通えるし、旦那と相談して来ました。
 
 
記者)そういった思いがあったんですね・・・学校生活はどうですか?クラスの雰囲気はどんな感じですか?
 
 
北野)学校生活は厳しいけど、好きです。毎日忙しいけど充実しています。先生も同級生もみんな親切で優しいです。寂しいとか感じないです。この前、みんなでバーベキューに行き、みんなで楽しくできて面白かったです。
 
 
 
 
北野さん(張さん)記者)学校では授業後に学生食堂でアルバイトしてますが?アルバイトもなれてきましたか?
 
北野)かなこちゃん(学校職員・栄養士)がいろいろ教えてくれるし大丈夫です。食堂だとみんなの顔が見れるし、スポーツ科の学生たちは元気一杯あってかわいいです。    
 
記者)では、最後に甲賀にきて良かったこと・将来の夢を聞かせて下さい。
 
  
北野)学校に入学して良かったと思います。みんなと会って日本の生活は楽しくなりました。みんなと会って将来の道も広がると思います。将来はちゃんと資格をとって、接骨院の開業を目指したいです!!
 
記者)いろいろとお話を聞かせて頂きありがとうございました。数年後には甲賀での開業を期待しています!!ご協力ありがとうございました!!!!
 
北野)ありがとうございます