入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ活動

スポーツ分野での挑戦~スポーツ健康科フィットネス・トレーナーコースの活動~

第21回 奮闘記~徳島からの使者編~

21回目の奮闘記は、徳島から来たちょっと変わった経歴を持つ

反田和宏君(スポ-ツ健康科1年・サッカー専攻)に取材しました。

連日の雨でお疲れの中、笑顔で取材に答えてくれた好青年だ。

 

 

P6300064.JPG 

 

※写真はサッカー専攻の愉快な仲間たち。

 

 

 

 

記者≫「彼は1年生だが今年で20歳となる。」

 

記者≫「1年間はどこで何をしていたの?」

 

反田≫「出身は徳島県で、城南高校に入学しました。

    城南高校は当時、川崎Fに入団が内定している

實藤友紀選手(現高知大学)などがいる最強時代でした。」

 

反田≫「しかし、高1の冬に、ブラジルへサッカー留学をしました。

    もちろん、高校は休学の手続きをして...」

 

記者≫「どんな経緯で行ったの?」

 

反田≫「小学、中学校と徳島県にある、徳島ヴォルティスという

J2に所属しているチームの下部組織でサッカーをしてました。

その当時、徳島の監督でエジーニョというブラジル人が、

ブラジルに留学しないか?と誘ってくれて、決断しました。」

 

記者≫「単身でのブラジル留学...何を一番学べた?」

 

反田≫「......一番は精神的な面ですね。ハングリーというか、

    中途半端な奴はいないです。

    それに、何かしろ武器を持っています。

    小さくてもドリブルが上手い。シュートセンスが非常に高い

    など、自分の特徴を知っている、そんな印象を受けました。」

 

記者≫「1年間のブラジル留学を経て、

    帰国してからは学校に戻ったの?」

 

反田≫「はい、戻りはしたのですが、

    サッカーチームを色々と受けました。」

 

記者≫「どんな所?」

 

反田≫「マリノスユース、セレッソユース、ロアッソのトップなど...」

 

記者≫「どうだったの?」

 

反田≫「さすがに受かりませんでした」

 

反田≫「一時は、自信を失くして、続けるか悩んだ時期もありましたが

    小中時代にお世話になったコーチが徳島ヴォルティスユースで

    指導していて、僕を誘ってくれました。」

 

記者≫「以前、本校OBで濱田雄太(現SAGAWA SHIGA FC)も

    在籍していたチームだったか?!」

 

反田≫「はい。雄太君は小中と同じチームでサッカーを

    夜中になるまでやっとた友達でした。」

 

記者≫「どうりで雰囲気もどこか似ているわ...」

 

記者≫「その後は?」

 

反田≫「1年留学していたので、年齢的にユースの試合には出れないので、

    徳島ヴォルティスのセカンドチームで続ける事となりました。」

 

記者≫「確か四国リーグに所属しているチームだね?」

 

反田≫「そうです。社会人チームです。」

 

反田≫「そのまま、働きながらサッカーをするか迷っていました。

    その時に、高校時代に誘ってくれたコーチから再び、

    アドバイスが...『ルネスに行ってみるか?』と。

    雄太君も行っていて、JFLへの切符を掴んだ事も知っていたので、

    まったく違う環境でチャレンジしてみたくなりました。」

 

記者≫「人との繋がりが大切な事を感じますね。」

 

反田≫「今は色々と好きな事が出来て、感謝してます。」

 

 

 

 

P1150725.JPG 

 

 

記者≫「学校に入学して3ヶ月ぐらい経つけど、慣れたかな?

    授業があまり得意そうでは無いけど...」

 

反田≫「自分でもビックリしてるぐらい、取り組んでやっています。

    寝る事は一切ないですし、特に城山監督(男子サッカー専攻監督)の

    バイオメカニックスの授業は面白く受講してます。」

 

記者≫「確かに、反田君は寝ない☆よく聞きます。」

 

記者≫「専攻競技では今年は関西1部で活動していて、

    中々と結果が出ていないけど...」

 

反田≫「正直、残り4試合で1敗も出来ない状況。

    ましては他力でしか残留が厳しい...けど、残り試合は

    どんな事になろうが1試合づつ一生懸命やります。」

 

記者≫「将来的にはサッカーを続けたい?」

 

反田≫「雄太君みたいに、サッカーをする事が

    仕事になる環境に行きたいです。」

 

記者≫「そんな反田君の今の課題とアピールポイントは?」

 

反田≫「評価は周りがするから一概には言えませんが、

    これから暑くなる時期、運動量が低下しやすいけど、

    そんな時でも走れるように運動量を上げて

    チームメイトから信頼を得たいです。」

 

記者≫「その編をサッカー専攻のNコーチにも尋ねてみました。」

 

Nコーチ≫「そうですね、以前のチームではボランチをしてましたが、

    現在は、トップ下などの攻撃的なポジションをしています。

    当初は、動き方もどこか攻撃的に出来ない事もありましたが、

    最近では2列目からの飛び出しや、

    ファーストタッチも良くなりました。」

 

 

記者≫「他には?」

 

Nコーチ≫「現在、リーグ戦10試合出場で3得点。

    シュート数は12本(前期8本/後期4本)です。

    チーム状況などあるので、一概にこの数字だけで

    は判断できませんが、彼にはもう少しシュート数、

    アシストにごだわって欲しいです。すなわち相手ゴール付近で

    ボールを触る事を意識して欲しいと思います。」

 

 

P1150179.JPG 

 

 

記者≫「みたいです...」

 

反田≫「......頑張ります。」

 

 

記者≫「プライベートでは、いつもの凸凹な軍団でいるね?」

 

反田≫「寮生なんで、何だかんだで楽しく過ごしてます。」

 

記者≫「アルバイトもしているの?」

 

反田≫「週末は殆んど、15分ぐらいの所にある、

『トンカツ屋、かつ勝』でやっています。いつも先輩の奥○君にイジラレテいます。」

 

記者≫「彼女もいてプライベートも充実しているんだね?」

 

反田≫「いや、彼女はいません!夏前だし欲しいですけどね...」

 

記者≫「男前なのに...そんな反田君は綺麗な女性がタイプだそうです♪

    今週の18日の日曜日に水口スポーツの森でリーグ戦があります。

    そんな反田君を観たい方は、どうぞご声援お願いします(^^)y-.o○」

 

記者≫「ちなみに背番号は18番☆」

 

 

P1150205.JPG