入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ活動

スポーツ分野での挑戦~スポーツ健康科フィットネス・トレーナーコースの活動~

シンデレラストーリー幕開け!? 

岩田 みゆき U-19女子ソフトボール日本代表
      ~韓国遠征を終えて~
 
Q. 代表に選出されるにあたって、まず天城ドームでトライアウト
   (7月上旬)がありましたが、その時の感想は?
 
A. みんなレベルが高くて、驚きました。
  そんな人たちが100人位いて、
  ピッチャーも20人弱いたので、
  とても緊張しましたが、
  楽しむことができました。
 
Q. 代表のユニホームに袖を通したときの気持ちは?
 
A. 日本代表かぁ てな感じで、しみじみと物思いに
   ふけっていました。
   と同時に、身が引き締まる思いでした。
P1210632.JPG 
 

P1210633.JPG

 

 

韓国遠征(強化試合)について
 
Q. 韓国の空気(雰囲気)は、どうでしたか?
 
A. キムチの匂いがしました・・・ (笑)ほんとに。
   そして、みんなフレンドリーな感じで、
   いい人ばかりでした。
 
Q. 合計イニング数、打者、被安打、奪三振は?
 
A. ちょっと曖昧なところがあるかもしれませんが...
  4日間で8試合しました。
  それで、私含めて5人のピッチャーが
  登板しました。
  私は、6イニング投げさせて頂いて、
  打者21人、被安打2、奪三振6くらい
  だったと思います。
 
Q. 初登板のときは、どんな心境でしたか?
 
A. 予定の登板がまわってくるまでは、
  どうなるのかなぁ 大丈夫かなぁ 
  って不安な気持ちと裏腹に、
  早く投げたいという気持ちが強かったです。
  マウンドに立ったときは、
  余計なことを考えることなく、
  楽しく投げることができました。
 
Q. ピッチングの自己評価は?
 
A. 初めての経験にしては、良かったと思います。
  今後の課題もみつけられたし・・・。
 
Q. 遠征を終えて、自身のメンタル、スキルで変化したところはありますか?
 
A. 自分が成長できる要素を、
   たくさんみつけることができたことが、
   何よりもうれしかったです。
   それが、自信にもつながったような気もします。
   やればできるっていう自信が持てました。
 
Q. 強化試合で、勉強になったことはありますか?
 
A. 選手みんなの試合を見る角度が、
   やっぱ違うなぁ って思いました。
   
   それと状況判断がめちゃくちゃ早いことに
   驚きました。(試合以外でも)
 
Q. 例えば?
 
A. バッテリーのサインが、盗まれている
 (セカンドランナーから)
  可能性があることにキャッチャーが
  気づいて、次のイニングからは、
  自分らできっちり対応するところとか。
 
  2塁にランナーが出たら
  相手は日本語通じないから、
 「サイン変えるよぉ~」とか言って、
  みんなに声かけてみたり・・・。
 
Q. このU-19のチームは、どんなチームですか?  
 
A. プレーのことではないですが、
   選手一人一人が、しっかりと自分自身の意見を
   持っていて、流されることなくその意見を
   言い合っていたりして、ソフトボールに純粋に、
   誠実に向き合っているなぁ って思いました。
   私も見習いたいと思いました。   
 
   もっと言うと、闘志むき出しで、
   とにかく勝負にこだわるチームです。
 
Q. 岩田選手にとって、日本代表とは?
 
A. ソフトボーラー、そしてアスリートにとって、
   とても名誉なことだと思います。
   
   そして、これからの日本のソフトボールのために、
   チームとして結果を残したいです。
   個人的には、本番のプレッシャーのかかる試合が、
   多くあると思うので、その中で少しでも、
   勝利に貢献できるように頑張ります!!!