入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ活動

スポーツ分野での挑戦~スポーツ健康科フィットネス・トレーナーコースの活動~

幼児体育指導員検定報告その②

2月26日(金)

 

気がつけば2月末ですね。

幼児体育指導員検定は今週の頭でした。

見事なまでに濃厚な2日間だったので頭のなかは飽和状態・・・

しかし学生は音を上げずに最後までやり通しました。

本日も報告の続きをします。

1日目、野菜たいそうでひと汗かいたあとは・・・

マット運動と跳び箱です。

子どもがそれらの運動ができるように補助をするという観点で練習を行います。

これがなかなか難しい

まずマットでは前転と後転の見本をみせます

 

気持ちは体操選手になって~

先生はやっぱりお上手ですね~

RIMG1467.JPG

しかし講師先生が首を捻挫されていたって本当ですか?!

キレイすぎる動きでしたけど・・・

RIMG1468.JPG

みんなも真似てみよう~

うまい!

やっぱり身体能力は高いね~

RIMG1471.JPG

 

続いては学生を巻きこみながらのお手本みせ

RIMG1473.JPG

 

男同士ですが学生は幼児役に徹します

目線は同じにして~

RIMG1474.JPG

 

さあやってみよう!

RIMG1475.JPG

なかなか大変だわ~

RIMG1476.JPG

 

続いての跳び箱は・・・

また次回に報告をいたします!

さまざまな面から勉強になった検定でした☆

幼児体育指導員検定終了~!

2月24日(水)

 

おとついから2日間にわたって開催した幼児体育指導員検定講座が終了しました。

いやはや濃すぎる内容の2日間でした。

想像以上にハードな実技!

あっという間に時間が過ぎた座学!

しかし受験した15名の学生は弱音を吐くことなく、最後まで取り組みました。

想像以上のすごい頑張りで、みんなはこんな力を持っているのか~頼もしすぎるだろ~と

感慨深い思いで見ていました。

本日は1日目の内容をご紹介していきます。

幼児への体育指導ということで、幼児の発達理論を学生たちは寝ることなく!しっかりと聞き、

幼児ならでは特性を理解しながら、午前中は座学に励みました。

ほぼ2時間ぶっ通しの講義。学生も頑張ったけど、集中力をくずさない講師先生もすごい!

初対面の学生と距離を測りながらうまくコミュニケーションをとりながら瞬く間に2時間は経過しました。

ランチタイムを挟んでいよいよお待ちかねの実技時間!

体育館に移動して準備体操。

そして1日目メインの

野菜たいそう!

コンセプトは畑から抜いた野菜をいただきますするまでの過程を体で表現します

まずは畑から勢いよく野菜を引っこ抜いて~

RIMG1460.JPG

やった~引っこ抜いたぞ~

RIMG1462.JPG

野菜を家に持って帰るぞ~

RIMG1463.JPG

どんな料理をしようか~

RIMG1464.JPG

美味しく煮えろ~

RIMG1466.JPG

こんな感じです。

とにかく楽しすぎました。

1日目は17時30分に終了しましたが、翌日が試験ということもあり、遅くまで残って練習に励んでいました。

素晴らしい~

東京からお越しいただいた講師先生に感謝しながら・・・

2日目のレポートは後日報告します。

ご協力いただきありがとうございました。

松岡

幼児体育検定

2月19日(金)

 

いよいよ来週の月・火曜に幼児体育指導員検定講座を

本校で開講します。

幼児に体育指導ができるように論理と実技を学びます。

目線はあくまで子ども視線に立って、

幼児期の発達理論を奥深く学びます。

遺伝的要素でいうなれば、生育歴が若いほど遺伝的な要素の影響が大きく

、年齢が高くなるほど環境的要素の影響が大きくまります。

一般的には身体の発育や運動に関する発達は遺伝的要素が強く、言語・生活習慣などの発達は環境的要素が強く関与しているといわれています。

写真は去年の講座の様子です。

RIMG0832.JPG

RIMG0834.JPG

 

実技はより張り切る学生たちです。

今年も頑張りましょう!!

ストレッチエクササイズ

2月17日(水)

 

気持ちを落ちつかせるために何かやっていることはありますか。

瞑想、腹式呼吸、コーヒーを飲む・・・などなど

各人によってやり方は十人十色でしょう。

本日は身体部位を伸ばして気持ちもほぐしていくコツをお話します。

まずストレッチをするときは反動やはずみをつけずに行います。

また息をこらえたりしません。

つねに自然な呼吸を心掛けます。

さらに関節に負担をかけない方法がいいでしょう。

年齢に応じた、健康具合に応じたやり方が望ましいです。

ストレッチ姿勢には立位(りつい→立ったまま)、座位(ざい→座ったまま)、仰臥位(ぎょうがい→あおむけ)、側臥位(そくがい→手を下にして横向き)、伏臥位(ふくがい→ふせた姿勢)などがあります。

ご自身の身体に合わせた方法で座ったままで行う、片方の足ずつを行う、関節角度を考慮するなど、

安全に考慮しながら行うことが望ましいです。

人の体の仕組みを理解しておくとなおいいでしょう。

これらの話は難しいのでぼちぼちしていきます。

またお付き合いください。

幼児期における指導の留意点

2月16日(火)

 

来週の月曜、火曜日に幼児体育指導員検定を本校で開催いたします。

午前中は理論をし、午後から実技を行います。

子ども目線に立って、ボール遊びやなわとび、マット運動等を行います。

皆さんは子どもの気持ちを忘れてやいませんか。

子どもは自由奔放です。

よって幼児の心理的特徴を十分に理解する必要があります。

例えば特定の限られた運動技能を指導するのは避け、遊びを中心にした指導を行います。

またグループという意識は少ないので、個別指導が効果的であり、言語的指導よりも、具体的な指導のほうが伝わりやすいでしょう。

来週は2日間みっちり勉強をします。

頑張りましょう!

幼児の発達過程

2月15日(月)

 

いよいよ来週です。幼児体育指導員検定講座を開催します。

東京から先生が本校にお越しになってレクチャーをしてくださいます。

小学校に入るまでの幼児期は知的観点からみると、知的好奇心が旺盛でいろいろなことに興味関心を持ち、チャレンジ精神が旺盛で、危険なことも平気で行います。

そして情動的観点からみると、衝動的欲求が強く、満たされないと感情が不安定になります。

また暗示にかかりやすく、言葉かけは重要であります。

指導員検定は幼児の心理的特徴をつかむことが重要です。

2日間のうち午前中は理論講座を行います。

理論イヤや~、勉強イヤや~という学生さん、

勉強を一気に行おうとせずに、少しづつ取り組むことが大切です。

毎日一つずつやろうと考えると気が楽ではありませんか。

一つずつのほうが私は気が楽です。

勉強はやらないよりやったほうがいいです。

地道にやっていきましょう!

処世術

2月10日(水)

 

本日はFT(フィットネスコース)の学生のバイトの話をします。

本校のFTコースの学生はバスケットボールやゴルフなど、自分の特化した運動を各自で取り組んでいます。

その合間をぬぐってバイトにも励んでいます。

バイトは様々な方と触れ合う貴重な機会です。

世間にはいろんな人がいます。

例えば灰皿が机の上に置いてあるのにも関わらず足元の地べたにタバコの灰を落とす人、

突然言いがかりをつける人・・・いろんな人がいます。

しかし一方で、良い方もいます。

社会にはいろんな人がいて自分もその一員です。

対処法としてはあいさつはしっかりと行う、マイナスの言葉は聞き流す、やるべき仕事はきちんと行う・・・でしょうか。

マイナス言葉に対してキレるのは一番よくないです。

キレて物事が好転したためしはないです。

イライラしてきたら一呼吸おきましょう。

物事への処世術を身につけるのは大人として必要不可欠なマナーです。

世間様にもまれて学んでいきましょう。

キレてはダメですよ。

勉強大事です

2月9日(火)

 

今朝は雨模様ですね。

本校はスポーツ健康学科1年生の追試期間です。

追試って何?

いわゆる赤点ではなく、合格点に達しない学生に対して2回目の試験実施のことです。

勉強していなかったから点数がとれなかったのかな?

忙しかったのかな?

内容が難しくて覚えられなかったのかな?

部活とバイトで時間がなかったのかな?

・・・すべて言いわけですね。

時間は作るものですからね。

合格点に達しない現実は現実としてしっかりと受け止めて覚えるべきことは覚えて試験に臨んでほしいです。

私でよければレクチャーしますよ。たぶん教えられます・・・たぶんですが。

部活と同じで勉強も励んだ分だけ結果は返ってきます。

勉強をめちゃくちゃ頑張ったのに落ちたよ~という学生はおそらくいないでしょう。

試験を突破して進級を目指しましょう。

応援しています。

 

幼児体育指導員検定

2月8日(月)

 

今朝は寒さが身にしみました。

THE冬の景色で霜が一面に広がっていましたね。

ところで本日2月8日は「事始め」だとご存じでしたか?

私はへ~でした。

しらなんだ~でした。

1月三が日の清々しい初心を忘れすっかり日常に浸かってしましたが、事始めだと知ると

リセットしてもう一度がんばろうか~という気持ちになります。

本校では2月22、23日に「幼児体育指導員検定2級」の資格講座を行います。

幼児の発達や体育理論を学びながら、実技ではボール遊びやなわとび、マット運動などを行います。

子どもの指導に役立ちますし、行政からの依頼にも応じられる資格です。

楽しく取り組めるので学生にも人気が高い資格です。

寒さを吹っ飛ばして頑張ろうと思います☆

 

 

立春が過ぎて

2月5日(金)

 

今日、久々に2年生のとある学生と電話でやりとりをしました。

あれ?すごくしっかりした受け答えをするやん・・・

なんだかずいぶん成長した感じを受けるな・・・

そうなんです。学生はしっかりした物言いで的確に要件を答えました。

先月に成人式を終え、来月は卒業式、そして4月には入社式を控えています。

本校での2年間はあっという間に過ぎていきます。

部活や勉強で濃い時間が過ぎていきますから、本当にあっという間です。

そのなかで学生をどのように支援していくか、学校では何を教えていくのか・・・

私はいまだに試行錯誤が続いています。

青年期は自分探しの期間?

いやいや不惑を過ぎている私でさえもまだまだもがいています。

一緒に成長していきましょう。

 

雪はいずこに・・・

2月1日(月)

 

2月に入りましたね。

お変わりありませんでしょうか。

あれもせな~これもせな~と思っているうちに2月に入ってしまい、相変わらず焦ってしまい追い詰められる感が否めません、私は。

やることリストを一つずつ処理していかねばなりません。

やるしかない!

頑張らないと!です。

ところで

今年に入って雪が降る日が大変少ないのですが、もはや積もらないのでしょうか。

写真は先月1月20日に降った大雪の日です。

20160120玄関雪13580000.jpg

大雪にも関わらず学生はきちんと学校へ来ていました。

えらいね~

そしてきちんと雪の上でひっくり返っていました。

若いね~

20160120雪13590000.jpg

私にはもはや雪の上でひっくり返ることはできません。

ひっくり返った後の寒いわ~風邪ひいたらえらいこっちゃ~が先立ちます。

学生の青春のひとコマを目にするたびに応援したくなります。

友人と様々にたくさんの経験をしてください。