入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ活動

スポーツ分野での挑戦~スポーツ健康科フィットネス・トレーナーコースの活動~

これから

9月29日(金)

 

9月の末です。

朝晩の冷え込みが深くなってきました。

本校のスポーツ健康科の長かった夏休みも終わりを迎えます。

部活に、バイトに励んでいた学生たち、

長いようで短い学校生活です。

辛いことも楽しいことも間違いなく今後につながっていくと思います。

悩み中の学生さん、

悩んでもがくことも時には必要です。

しかしその長いトンネルからなかなか抜け出せないときは、

ぜひ声をあげてほしいです。

来週から授業がはじまります。

しっかりと学んでいきましょう。

 

赤十字救急法基礎講習会

9月27日(水)

 

9月末になりました。

本校のスポーツ健康科は今週まで夏休みですが、

おとついから、補講や資格授業が始まりました。

本校は毎年1年生対象に、

日本赤十字社の救急法基礎講習会を開催しています。

倒れている人がいたら命を救おう!という授業です。

RIMG2034.JPG

 

RIMG2021.JPG

 

座学で知識を学んでから、実技を行いました。

 

RIMG2025.JPG

人が倒れていたら様子を伺ったり、

RIMG2028.JPG

毛布に人をくるむ方法を教えていただいたり

 

RIMG2038.JPG

絶え間なく胸骨圧迫をしたり、

RIMG2039.JPG

 

AED機器を用いた練習を行いました。

いざという時にはできるようにしましょう。

いつなんどき、何が起こるか分かりませんから。

日赤の先生方、ご指導のほどありがとうございました。

AED講習会

9月19日(火)

 

9月下旬にさしかかろうとしています。

来週は日本赤十字社さん主催の救急法基礎講習会を開催します。

AED機器を用いて、人命救助を行います。

日本はますますの少子高齢化社会にさしかかっていきます。

AED機器を設置している公共施設も多くなってきました。

救える命は救いたいです。

AED機器を3分以内に使うと、生存率は70%に達します。

高い確率で、社会復帰もできるそうです。

救急車の現場到着時間は平均8~9分らしいです。

そうなると、AEDの必要性は高まるばかりです。

しっかりと学んで、身近に感じていきましょう。

 

将来に向けて

9月15日(金)

 

9月半ばになりましたね。

早いです。

月日はあっという間に経っていきますね。

本校はまだ夏休み期間中ですが、

後期に向けて、将来に向けて、

動いていきたいものです。

自分の将来を信じて、

計画をたてて、

歩んでいきましょう。

 

大丈夫かしら

9月8日(金)

 

気持ちのいい天候です。

初秋のさわやかな日を全身で浴びたいです。

さて日本の政治は混乱に満ちています・・・

政治以外の面でね・・・

いわゆるスキャンダルというものです。

政治とは別個の次元になるのでしょうか。

しかしその人の人柄に直結しています。

有権者はその人が私たちに代わって考え、

暮らしがよくなるよう、日本がいい方向にむいていくように

活躍してくれると思って選挙に行き、投票しているわけです。

しかし今年は日々スキャンダルに見舞われています。

大丈夫なの・・・本当に・・・

日本中が思っています。

人を見る目を養いたいものです。

その一歩として、

まずは自分がしっかり生きていかねばとも思います。

皆さんはどう思われているでしょうか。

まだ夏休み

9月6日(水)

 

めっきり秋の気配になりました。

日中は残暑厳しいですが、朝晩の冷え込みが体に染みます。

本校スポーツ健康科は、9月末まで夏休みです。

長いようでいて、スポーツに専念している彼らなので、

一日はあっという間に過ぎていきます。

フィットネスコースの学生たちは、バイト三昧のようです。

バイトで得たお金で旅行などに行っているようです。

学生生活は、人それぞれです。

他人と比較するものでもありません。

自身の成長のために、

地道に日々と向き合ってほしいです。

 

震災に備える

9月1日(金)

 

9月に入りました。

朝晩の冷え込み、吹く風が、

間違いなく秋の気配を感じます。

本日は関東大震災があった日です。

今後30年、70%の確率で、

南海トラフによる地震が発生するといわれています。

大変高い確率です。

私たちが存命している最中に、

千年に一度と言われている未曾有の災害、

東北の大震災が発生しました。

決して忘れていません。

何ができるだろうか、家族で話し合ってほしいです。

非常緊急袋の作成、非難場所の確認など、

私は大丈夫ではなく、

いつか起こるかもしれないという意識をもっておきましょう。

いつかのとき、学校は、日本はどうなっているのだろう・・・

懸念は払しょくできないです。