入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ活動

接骨院ブログ

2010/04/28
冷湿布?温湿布?

hana01.gif

 

   みなさん、湿布を貼る時、「冷湿布」か「温湿布」か

どちらを貼ればいいのemoji287.gif

と、迷った事ないですか??

 

患者さまにも、よく質問を受けるので、今日は湿布のお話ですemoji216.gif

 

人の体は、熱をもちすぎても、冷えすぎても、痛みます emoji206.gif

熱をもっている患部から、熱をとるだけでも痛みは引きますし、冷えた患部を温めるだけでも痛みが和らぎます。

 

ですから、怪我をしたところが「熱をもっている」のか、「冷えているのか」で、使い分けると、早く症状を和らげることができます。

 

患部が熱をもっている場合・・・

 

冷湿布は発熱した患部を冷やす効果が高く、捻挫や打撲・肉離れなどの時や、筋肉の使いすぎで熱を持っている時などによく効きます。

 

冷湿布をしてもまだ熱をもっている時は、氷嚢などをあてましょう。

でも、冷やしすぎると、凍傷やしもやけになることがあるので、氷などでアイシングする際は、10分前後にしておきましょう。

 

患部が冷えている場合・・・

 

温湿布には、唐辛子のエキスが入っているものが多く、患部の血行をよくする働きがあります。

他にも、局所刺激や、炎症を抑えたり痛みを抑えたりします。

温湿布は、ケガをしたあと腫れているところに貼ると、逆に痛みが増します。

 

熱をもっているのか、冷えているのか分からない時は、冷湿布を使うのが無難です。

しかし、冷やすと痛かったり、冷えからくる腰痛・寝違え・入浴をすると痛みが引く、というような時は温湿布の方がいいです。

 

湿布の成分は約3時間程度で効能がなくなりますので、めんどうでも貼り替えましょう。

それ以上貼っていても、効能を期待できず、肌の弱い方は特に、かぶれの原因にもなります。

また、温湿布の場合、入浴の2時間前くらいまでにははがすようにしましょう。

入浴直前まで貼っていると、入浴した時に、患部を熱く感じたり、ピリピリと感じたりします。

 

たかが湿布、されど湿布・・・

うまく使い分けて、いち早く症状を和らげましょう!

 

 bye03.gif

 

hana04.gif 

 

2010/04/16

4月に入り、少しずつ暖かくなってきて

学校の周りには桜が咲いたので春って感じに

なってきました♪(≧▼≦)

 

♪は~るがきた  は~るがきた  ル~ネスにきた~

 

ということで、春になると・・・

 

スポーツをする人もいるし

畑仕事をする人もいるということで

無理して体を動かしたり、準備体操をせずに動いたりするとケガをする事につながります(´д`)

 

スポーツ選手は、これからって時にケガをすると時間がもったいないと思うので、準備体操をしっかりやってから動きましょう! p(^^)q

 

畑などをしている人は、これから忙しくなる時にケガをして、

痛いのに無理をして続けてしまうと、ケガがひどくなり、長期間病院に入院か通院・・・ Σ( ̄□ ̄;)

ということになりかねないので、

絶対に!無理に動くのはやめてくださいね(^.^)b

 

暖かくなってきたら、ついつい外で体を動かしたいと

思いますが、ケガには十分に気をつけて動きましょう!

 

 

ストレッチや体操って何をどうしたらいいか

わからな~い(>_<)

という方・・・

ご質問お待ちしてます!

 

2010/04/09
筋肉痛

今日は・・・

K先生が朝から疲れているみたい(^^;)

なんか、休みの日に野球の練習に行って

頑張りすぎたらしい└(・・)┐=З

 

走ったり投げたりしただけなのに~

全身筋肉痛でヤバイみたいです・・・ハハハ (^-^

年齢的なものなのか・・・

運動不足なのか・・・(きっとこっちでしょうね~)

 

筋肉痛には

時間をかけたストレッチや、ゆっくりお風呂に入って血行を良くしたり、あと軽くマッサージすると、何もしないより早く治りますよ!

みんなも筋肉痛になったらお試しあれ♪

 

それにしても・・・

いつも患者さんに運動して下さいとか言っているくせに

本人がこんなことになっていたらダメですよねぇ

まったく情けない(^~^)

 

K先生:はい!もっと自己管理できるようにします!!m(_ _)m